家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

災害時でもエコキュートやIHを使いたい!間違いのない蓄電池選びの注意点は?

カテゴリ:

近年では、家庭で使用するエネルギー全てを電気に統一する『オール電化住宅』を選択する方が増加しています。オール電化住宅は、ガス会社との契約が必要なくなるため、ガスの基本料金を節約できるほか、太陽光発電設備との相性も良く、日々の生活にかかる光熱費を大幅に削減することもできるのです。当然、オール電化住宅を選択したご家庭では、給湯器や調理のために使用するコンロなどに関しても電気をエネルギー源として稼働するエコキュートやIHクッキングヒーターを導入することになります。

エコキュートやIHクッキングヒーターを利用するオール電化については、さまざまなメリットがあると言われているのですが、実は明確な弱点が存在しています。それは、地震や台風などによって大規模停電が発生した際には、電気の供給がストップしてしまうことにより、生活に必要になる全ての設備が使えなくなる可能性があることです。実際に、昨年9月に関東地方を襲った台風では、千葉県全域に長期的な停電が発生し、オール電化住宅に住んでいる方が非常に困っているなんて報道が盛んに流されていました。こういった報道を見た人であれば、オール電化が流行しているものの「エネルギーを何か一つに統一するのはリスクがあるのかな」と少し不安になってしまう人も多いかもしれませんね。しかし、注意しておかなければいけないのは、こういった大規模停電が発生した際には、着火に電気を利用するガス給湯器に関しても使用することができませんし、停電時に困ってしまうのは『電気+ガス』という体制のご家庭も一緒だということです。

そこで、こういった自然災害による停電被害に備える目的で注目されているのが『家庭用蓄電池』です。家庭用蓄電池は、その名称通り「電気を蓄えておく設備」であり、何らかの理由で停電被害が発生したとしても、最低限の電力を確保でき、生活に必要な家電製品を動かすことができるのです。特にオール電化を選択したご家庭では、エコキュートなどのハイパワー家電を動かすことができるような蓄電池を導入すれば、停電が発生しても家族の生活を守ることも可能となるでしょう。
そこで今回は、万が一の停電の際にもエコキュートやIHを使うことを可能にする「蓄電池」の選び方をご紹介します。

そもそも『家庭用蓄電池』とは?

それではまず、ここ数年、災害対策や家庭の電気代削減目的で年々その注目度が高くなっている家庭用蓄電池の基礎知識を簡単にご紹介しておきましょう。そもそも「電気を蓄えておく」設備である蓄電池は、稼働のために大量のエネルギーを必要とする工場などの大規模施設において、非常用電源目的で活用されていたものです。それが、東日本大震災を契機に、一般家庭でも非常時の電源確保の重要性が認識され始め、徐々に家庭用として広がっていったという歴史があります。

使い方に関しては特に小難しい話でもなく、名称から分かるように万一に備えて「電気を蓄えておく」という目的で使用されます。一般的に、『電池』と聞くとテレビのリモコンなどを動かすために利用される単三電池などをイメージする方が多いと思いますが、こういったタイプは一次電池と呼ばれます。一方で何度も充電・放電が可能となる蓄電池は二次電池と呼ばれ、現在一般住宅に導入されるようになっている家庭用蓄電池に関しては、持ち運びが可能な『ポータブル蓄電池』と太陽光発電などと連携できる『定置式蓄電池』に分かれています。
ちなみに、『ポータブル蓄電池』と『定置式蓄電池』は、持ち運べるか?以外にも蓄電容量や太陽光発電設備との連携、使用可能な家電製品の種類などが異なりますので、何のために蓄電池を導入するのかによって最適な機種を選ばなければいけません。

オール電化住宅に蓄電池を導入するときの注意点

それでは、オール電化住宅などに家庭用蓄電池を導入し、普段の生活の中で電気代削減を目指したり、災害に備えるためにはどのような蓄電池を選択すれば良いのでしょうか?
一般的にですが、オール電化住宅などで家庭用蓄電池を使用する場合、比較的蓄電容量の大きな定置式蓄電池の採用がオススメです。このタイプであれば、太陽光発電設備と連携し、家庭で消費する電力の自給自足を目指すことも可能ですし、安い夜間電力を蓄電池に充電し、それを昼間利用することで売電量を増やすことも期待できるのです。さらに、停電時には、非常用電源としても利用できるなど、さまざまな活用方法があるのです。
以下で、必要と考えられるスペックについてもう少し詳しくみていきましょう。

オール電化に推奨されるスペックについて

オール電化住宅では、エコキュートやIHクッキングヒーターなど、ハイパワー家電と呼ばれる設備がたくさん存在しています。それでは、万一の停電時などでもこれらの設備を利用するためには、どの程度のスペックが必要になるのでしょうか?
IHクッキングヒーターやエコキュートなどのハイパワー家電は、稼働のために大量の電気を必要としますので、使用する電圧が通常の家電よりも大きく設定されています。したがって、こういった製品まで使用したいと考えるのであれば、100V仕様の蓄電池ではなく200V仕様のものを導入する必要があるのです。ちなみに、IHクッキングヒーターの中には100V仕様のものもありますので、家庭用蓄電池の導入を検討した場合、ご自宅で使用している設備の電圧をきちんと調べておきましょう。

100Vと200Vの違いは?

最近では“200V”対応の家電製品が増加していますが、100Vと200Vの家電に何の違いがあるのか?と疑問に思ったことがある人もいるのではないでしょうか?
この違いを理解するには、『V(ボルト)』の意味を押さえておくと良いでしょう。V(ボルト)は、電圧を表す単位のことで「電気を押し出す力」などと紹介されることが多いです。つまり、電圧が高ければ高い(V数が大きい)ほど、よりパワフルと言うことができます。例えば、電子レンジで考えてみた場合、100Vのものよりも200Vの方が出力が高くなるため、温め終わるまでの時間が短くなるのです。
現在、200V家電には、IHクッキングヒーター、食器洗い乾燥機、洗濯乾燥機、電子レンジ、エコキュート、エアコン、浴室用衣類乾燥機等があります。

次は蓄電容量についてです。蓄電容量は、メーカーや販売店のサイトなどで蓄電池を探している時に『●kWh』と書かれている数値で、大抵の場合『蓄電容量』と『実質容量』の2つが記載されていると思います。要は、満充電の場合にどれだけの電気が使用できるか?という値なのですが、ここではわかりやすいようにシャープ社のサイトで公表されている満充電の状態で動かせる家電の指標をご紹介しておきます。

蓄電容量『4.2kWh』の蓄電池の場合

  • 冷蔵庫24h/日
  • テレビ3h/日
  • 照明5h/日
  • スマホ充電1台/日

上記を、時間分動作させると考えて3日間使用可能。

蓄電容量『6.5kWh』の蓄電池の場合

  • 冷蔵庫24h/日
  • テレビ3h/日
  • 照明5h/日
  • 炊飯器1回/日
  • スマホ充電3台/日

上記を、時間分動作させると考えて3日間使用可能。

参考:シャープ公式サイト

上記から、蓄電容量の重要さはよくわかっていただけると思います。
簡単に言うと、蓄電容量が大きければ、停電時でも多くの家電を長時間使用することができるということです。例えば、数時間で回復するような停電であればそこまで気にする必要はないのでしょうが、大規模災害による停電被害であれば、数日間電気が復旧しないなんてことも珍しくありません。つまり、そういった災害にも備えることを考えると、ある程度の蓄電容量を持っている家庭用蓄電池を選ぶ必要があるでしょう。特に、オール電化住宅で、IHクッキングヒーターやエコキュートまで使用したいと考えているのであれば、6.5kwh以上の蓄電容量を持つものがオススメです。
なお、家庭用蓄電池は、蓄電容量が大きくなるほど本体価格が高くなっていく傾向がありますので「普段も活用する予定があるのか?」などという点も踏まえて、どのタイプを導入するか考えておいた方が良いと思います。また、家庭用蓄電池は、夜間電力や太陽光発電を組み合わせることで、非常に大きな経済的メリットを生み出すことも可能ですので、単純に災害対策として考えるだけでなく「普段の生活の中でどういった活用ができるのか?」ということも考えて機種選びをすることで、費用対効果を良くすることができると思います。

まとめ

今回は、ハイパワー家電が多く利用されているオール電化住宅で、災害対策などを考えた場合にどのような家庭用蓄電池が良いのか選択するためにおさえておきたいポイントをご紹介しました。

この記事でご紹介したように、家庭用蓄電池を導入する場合には、さまざまな種類の中から自宅で使用している家電やライフスタイルを考えて最適な機種を選ばなければいけないのです。例えば、停電時でもハイパワー家電を使用したいのであれば200V仕様の蓄電池を導入しなければいけませんし、数日間の停電にも耐えられるようにというのであれば蓄電容量にも注意しなければいけません。家庭用蓄電池は、年々その注目度が高くなっており、多くのメーカーが開発・販売に参入するようになっていますが、まだまだ誰でも気軽に導入できると言えるほど安い設備ではありません。
したがって「何の目的で導入するのか?」「どのような時に使いたいのか?」などをよく考えて機種選びを進めるようにしましょう。

以下、とくとくバッテリーで取り扱っている200V仕様の蓄電池になっております。ぜひご覧ください。

■DMM.make smart(MS3098-DM)

■EIBS7(EOF-LB70-TK)

■Smart Star(LL3098HOS/B)

コラム一覧



ミラブルプラス

こちらのお問い合わせフォームからご連絡いただき、蓄電池をご契約された方先着10名様にミラブルPlusプレゼント!

必須お名前
任意電話番号
必須メールアドレス

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド