家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

家庭用蓄電池とは?仕組みと蓄電池導入のメリットとデメリット

カテゴリ:

近年では、太陽光発電システムの導入を考えた場合、家庭用蓄電池との連携を意識する方が非常に増加しています。「電気を自ら発電する」システムと「電気を貯めておける」蓄電池の併用は、年々売電価格が下落している昨今では、より効率的な電力利用ができるという点が、非常に大きなメリットとしてとらえられているのです。

しかし、既に住宅用の便利なアイテムとして定着している太陽光発電システムと異なり、ここ数年で一気に注目度が上昇してきた家庭用蓄電池は、まだまだその有用性が理解できていない…という人も少なくないのではないでしょうか。そこでこの記事では、家庭用として導入が進んでいる蓄電池の基礎知識と、導入した際のメリット・デメリットを解説していきます。

そもそも蓄電池とは?

それではまず、「蓄電池とは何だ?」という基礎知識についてご紹介しておきましょう。蓄電池は、その言葉からも分かるように「電気を貯めて置ける設備」のことを指しており、このような電気を蓄えて繰り返し利用できる化学電池は、二次電池や充電式電池などとも呼ばれます。

太陽光発電システムが注目され始めた時点では、これにより発電した電気を貯めておくということが難しいとされていたのですが、東日本大震災を契機に、災害時の非常用電源として家庭用蓄電池の需要が俄然注目されたのです。さらに最近では、ゼロエネルギー住宅の一環として『スマートハウス※1』の導入が進められているのですが、家庭内のエネルギー消費を最適に制御することが必要となるスマートハウスでは、電気の自給自足を実現する蓄電池システムが必要不可欠と言えるのです。つまり、家庭用蓄電池は、災害時の非常用電源だけにとどまらず、住まいのゼロエネルギー化を推し進めるためには、非常に重要な設備とされているのです。

それでは、家庭用の蓄電システムとして導入が進む蓄電池にはどのような仕組みのものがあるのでしょうか?実は、家庭用蓄電池として利用されている蓄電池には、『定置式蓄電池』と『移動式蓄電池』、大きくわけつ2つの仕組みの違いがあるのです。以下で2種類の蓄電池について簡単にご紹介しておきましょう。

定置式蓄電池について

定置式蓄電池は、据え置き型の蓄電池を指しています。移動式とは異なり、住宅に所定のスペースを確保したうえで蓄電池の設置を行います。

定置式蓄電池は、当然、災害時の非常用電源などとして利用することが可能ですが、本来の目的は太陽光発電システムなどと連携し、家庭で消費する電力を極力創エネで賄えるようになることを前提とするのが役割となります。したがって、主な利用目的は、効率的な電力利用を実現し、家計の電気料金を削減することと言えるでしょう。電力の自給自足を目指すスマートハウスなどでは、発電した電力を貯めておける定置式蓄電池が無くてはならないと言えます。

定置式蓄電池にも種類がある

定置式蓄電池にもさまざまな種類があるのですが、主に利用されているのが急速充電ができるリチウムイオン電池で、現在市場に流通している定置式蓄電池のほとんどはリチウムイオン電池が採用されています。なお、太陽光発電システムが電気を作れない夜間の電力を問題なく賄う必要があるため、家庭用に利用する定置式蓄電池でも容量に余裕があるものが多いです。

移動式蓄電池について

移動式蓄電池は、その言葉通り「持ち運びが可能」なポータブル式小型蓄電池となります。主な用途としては、自然災害時など『緊急時の一時的な電源』となります。東日本大震災など、大規模な自然災害でインフラがストップした際に、大型のスーツケースのような移動式蓄電池が利用されているのをテレビなどで見たことがある人も多いのではないでしょうか。
移動式蓄電池は、持ち運びが可能だという点で、災害時に必要な場所に持ち運び電源として利用できるというメリットがある一方で、日常的に利用する蓄電池としては容量の不足感が否めません。したがって、近年ハウスメーカーが推し進めているゼロエネルギー住宅などでは、移動式でなく定置式蓄電池が求められています。

移動式蓄電池の種類

災害時など、非常用に利用することが前提となり、普段は利用しないという蓄電池となりますので、定置式蓄電池よりもかなり低価格で販売されています。特に最近では、ネット通販などでも軽量で超小型の蓄電池などが販売されるようになっており、中には数万円程度で手に入るようなものもあります。移動式蓄電池は、そこまで容量が大きくない物がほとんどですが、複数台を接続し容量を拡大できるものなど、バリエーションがどんどん増えているのも特徴です。

家庭用蓄電池を導入することのメリット・デメリット

それでは最後に、家庭用蓄電池の導入を考えている方のため、蓄電システムを導入した場合のメリットとデメリットをいくつかご紹介していきたいと思います。

家庭用蓄電池のメリット

まずは家庭用蓄電池のメリットからです。「災害時も安心!」「光熱費削減!」などと言ったメリットがあるという話はよく耳にすると思いますが、具体的に見ていきましょう。

  • 災害時も電気が利用できる
    大規模地震や豪雨災害など、広域にわたって停電が発生した場合でも、蓄電池さえあれば充電した電力を使えるのが大きなメリットとなります。
  • 基本電気料金削減が可能
    家庭用蓄電池を導入した場合、ほとんどの家庭で実量制の電力契約を選ぶこととなります。この場合、負荷電力を平準化する(ピークカットする)ことができるため、電気の基本料金を削減可能です。
  • 効率的な電力利用で電気料金削減
    時間帯別の電力契約を選ぶことで、効率的な電力利用が実現します。例えば、電気料金が安い深夜帯に充電し、料金が高額になる日中に充電した電気を使うといった手法で、電気料金を抑えることが可能です。
  • 太陽光との併用でもっとお得に
    太陽光発電システムを併用した場合、日中、余剰電力を貯めておき、夜間に充電した電気を利用するなど、より効率的な電力利用が可能となります。

家庭用蓄電池の導入は、非常に多くのメリットがあるのがわかります。さらに、2019年11月から固定価格買取制度(FIT)の売電が順次終了していきます。世間では「2019年問題」や「卒FIT」などと呼ばれ話題となっているのですが、卒FITとなるご家庭では売電価格が大幅に下落し、太陽光発電で発電した余剰電力は『自家消費』した方がお得になると予測されています。
こういった方にとっては、家庭用蓄電池を導入すれば、今まで売電に回していた電気を太陽光が発電できない夜間に自家消費するようにできますので、家庭用蓄電池が救世主となります。

家庭用蓄電池のデメリット

家庭用蓄電池は多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットや注意点があります。

  • コスト的な問題
    家庭用蓄電池には『定置式蓄電池』と『移動式蓄電池』と種類がありますが、電気料金削減効果などのメリットも考えた場合、定置式蓄電池を選択することとなります。そうなると、蓄電池を導入するためには100万円を超えるようなコストを覚悟しなければいけません。
  • 寿命的な問題
    どのような設備でも同じですが、蓄電池も寿命があり、将来的に買い替えを想定しておかなければいけません。製品自体に10年保証がついているのが一般的ですので、導入後10年前後で蓄電容量の低下など、劣化が見えてくるでしょう。もちろん、使用方法などによっては10年より短い期間で買い替えが必要になる場合もあります。
  • 設置スペースの問題
    蓄電池は年々コンパクトになってきているのですが、それでも一定以上の設置スペースの確保が必要になります。わかりやすくサイズを表すと、小さな本棚程度を置けるスペースが屋外に必要になりますので、マンションなどでは必要なスペースが確保できない…などということも考えられます。最近では屋内設置できるタイプも登場していますが、スペースが必要なことは変わりません。

まとめ

今回は、蓄電池の基礎知識や、家庭用蓄電池を導入する場合のメリット・デメリットについてご紹介しました。近年、日本国内では地震や台風だけでなく、局地的な豪雨による水害など、さまざまな自然災害が増加しています。こういった自然災害時には、私たちの生活に欠かせない電力がストトップしてしまう大規模停電が発生する可能性が非常に高く、こうした災害時に非常用電源として利用できる家庭用蓄電池は非常に大きなメリットがあると言えます。

また、こういった蓄電池は国が普及を推進していることもあり、国からの補助金や各地方自治体による補助金なども用意されています。しかし、太陽光発電システムの補助金を思い出していただければわかりやすいですが、こういった補助金は普及が進むにつれ縮小していくものです。そのため、家庭用蓄電池の導入を検討しているのであれば、豊富な補助金が活用できる今のタイミングで導入を進めるのがオススメです。

関連記事:【2019年版 補助金・助成金情報】関西電力サービスエリアでお得に蓄電池を設置する方法

※1 スマートハウスとは
IT(情報技術)を使って家庭内で消費するエネルギーを最適に制御できるようにした住宅です。具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出量の削減をするなど、省エネを実現する住宅を指しています。省エネ・創エネ設備を備える住宅が『エコ住宅』と呼ばれるのに対し、エネルギーマネージメントシステムで消費エネルギーを最適化するエコ住宅を『スマートハウス(=賢い住宅)』と呼びます。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド