家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

蓄電池の基本:こんなにある蓄電池の用途と活躍の場面

太陽光発電システムの普及により、太陽光発電パネルの価格が下がっているのに併せて蓄電池の価格も安くなってきています。しかし安くなったといっても家庭用蓄電池の価格は最低でも数十万円はかかります。蓄電池を導入するとなれば、大きな費用がかかるため、設置に当たっては、その有効性を確認しておきたいものです。

蓄電池は、電力の使用状況によって、光熱費の削減ができるのが大きなメリットといえるでしょう。 例えば、太陽光発電システムが電力を作り出す昼間にほとんど電力を使用しない家庭の場合、発電した電力はすべて売電することができ、売電収入が得られます。しかし夜に電力を使う場合、夜の分の電力は電力会社から電力を購入して使用するため、売電収入を得ることができても光熱費の削減はできないことになります。 こうした時に蓄電池があって電力が安い時間に蓄電し、それを夜使用するようにすれば、光熱費を削減することができます。 逆に昼間に大きな電力を使う家庭の場合、電力量が安い深夜に電力を蓄電しておき、日中、太陽光発電システムで作り出した電力の不足分を蓄電池によって賄えば光熱費の削減になります。

そして蓄電池のもうひとつのメリットは、災害時に電力を確保することができるということです。災害時に停電が発生しても、蓄電池に電力をためておけば、その電力によって停電時にも電化製品を利用することができます。太陽光発電システムとセットに考えれば、光熱費の削減や災害時の電力確保に蓄電池は大きな働きをします。

しかし蓄電池にためておくことができる電力は、蓄電池の蓄電量によります。蓄電量と蓄電池の価格は比例しており、高額なものの場合、1台100万円以上の価格となりますし、サイズを大きくなります。価格な適当な蓄電池を複数利用して蓄電量を増やす方法もありますが、その場合、置き場所の問題があります。そのため蓄電池の導入を考える場合、家庭での電力の使い方や目的などを検討した上で、どのくらいの蓄電量の蓄電池を導入すればよいのかを決めていきます。

コラム一覧

お客様の声

取扱いメーカー