家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

蓄電池の2大メリットと、それを実現するための費用

カテゴリ:

太陽光発電システムを導入するとき、光熱費の削減など、より大きなメリットを考え蓄電池の導入もあわせて検討する人も多いでしょう。

蓄電池は電力を貯めることができるバッテリーです。太陽光発電システムの普及に伴い、太陽光発電パネルの価格が下がっていますが、蓄電池の価格も下がってきており、住宅用の蓄電池の場合、様々なタイプのものが各メーカーから販売されています。

価格は蓄電の容量によって大きく異なり。小型で数十万円から購入が可能なものもあれば、蓄電の容量が大きなものでは100万円以上になります。蓄電池の導入には大きな費用がかかるため、住宅で使用する電力量などを確認の上、適当な蓄電能力の蓄電池を導入することがポイントです。

そんな蓄電池の導入のメリットは、なんといっても光熱費の削減が期待できることでしょう。夜間の電力が安い時間帯に蓄電池に電力を貯めて、貯めた電力を住宅内で使用するようにすれば、毎月の光熱費の削減を期待することができます。

例えば、夏場など日中はクーラーをつけっぱなしという家庭も多いでしょう。太陽光発電システムで作り出して電力で賄えない場合、不足分に蓄電池の電力を使用すれば光熱費が削減できます。蓄電池の電力は住宅内の電力使用のピーク時に使用するようにすればより効果的です。

また、蓄電池は社会貢献にも繋がります。昼間の電力のピーク時に電力会社からではなく、蓄電池から電力を使えば、電力会社の発電量が抑えられ、その結果CO2削減効果も期待することができるのです。蓄電池のメーカー、機種によってピークカット運転モードなどが用意されており、自動制御で効率よく、電力を使用することができます。

そして蓄電池のメリットの二つ目は停電時に非常用電源として利用することができるということでしょう。蓄電池のメーカー、機種、蓄電能力によりますが、一般的な蓄電池の場合、テレビや冷蔵庫、照明などの電化製品は蓄電池をフル充電したとき半日程度使うことができます。

自然災害以外にも電力会社の発電量がピークとなり、電力がひっ迫したときも、蓄電池の電力を利用することにより、電化製品を利用することができます。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド