家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

蓄電池をメーカーで比較するのに注目したい6つのポイント

カテゴリ:

住宅用の蓄電池の機能はメーカーや機種によってさまざまで、価格についても数十万円から100万円以上と大きな幅があります。そのため住宅用蓄電池のメーカーを比較する場合は、容量、寿命、サイズ、太陽光との併用、価格、保証といった点から検討するようにしましょう。

蓄電池の蓄電容量はメーカー、機種によって異なります。できるだけ電力をたくさん貯めておくことができれば、それだけ住宅内の電力を賄うことができますし、災害時にも便利です。停電時に蓄電池に貯めておいた電力を使って照明等の電化製品を使うことができます。

しかし蓄電池の蓄電療養と蓄電池の価格、そしてサイズは比例します。容量が大きな蓄電池になればそれだけ価格も大きくなり、サイズも大きくなります。サイズが大きくなると住宅の状態によっては設置が難しい場合もあります。

そのため蓄電池の電力容量については、住宅内でどのくらいの電力を使用するのか、光熱費のどのくらい削減など、ライフスタイルや目的にあわせて選択するようにしましょう。

なお、住宅用蓄電池の設置にあたっては、工事が必要になります。そのため蓄電池の価格が工事費込みなにかどうかも確認するようにしましょう。安いと思って購入しても工事費が別途になっており、逆に高くなってしまったということもあります。

また蓄電池は地域によって補助金を受けることができます。補助金によって費用を抑えることができるため、うまく利用するようにしましょう。

蓄電池には寿命があり、充放電回数が多くなれば、それだけ電力を貯めることができなくなってしまいます。そのため蓄電池の保証機関等をチェックすることも大事です。

また太陽光発電システムと併用する場合、ダブル発電にならないかどうか、太陽光発電システムと併用したときのメリット、デメリットも確認しましょう。

特にダブル発電に該当してしまうと、売電価格が下がってしまうため、導入にあたってはよく確認するようにしましょう。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド