家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

太陽光発電+オール電化+蓄電池ならこうなる

ガスの使用量が高い住宅の場合、太陽光発電システムとオール電化を組み合わせることによって、光熱費の削減を期待することができます。その上ガス料金を節約することができることから太陽光発電システムとオール電化は相性が良いといわれています。そしてそこに蓄電池を導入することによってさらに光熱費の削減を期待することができます。

蓄電池は電力を貯めることができるバッテリーです。そのため自然災害や電力がひっ迫した場合にも蓄電しておけば蓄電池の電力を利用して住宅内の電化製品を使用することができます。

蓄電池の蓄電容量はメーカーや機器によって異なりますが、蓄電容量が7.2kWhの蓄電池の場合、フル充電すれば約12時間程度住宅内の電力を賄うことができます。

オール電化の住宅では、電力が供給されなければ住宅内の電化製品を利用することができなくなります。しかし蓄電池があれば、住宅内の電化製品を利用することができます。そのため、災害時の対策としてオール電化の住宅を検討する場合は、蓄電池の導入も検討することが多いのです。

オール電化と蓄電池だけでも、電力が安い時間に蓄電し、それを住宅内の電力ピーク時に利用するなどして光熱費の削減を期待することができますが、太陽光発電システムも利用することによってさらに光熱費の削減を期待することができます。

というのも深夜の電力料金が安い契約の場合、かわりに日中の電力料金が高くなります。そのため、日中に電気をよく使う住宅の場合、オール電化と蓄電池だけでは、光熱費の削減が難しい場合があるのです。しかし太陽光発電システムによって日中の電力を賄うことができれば、光熱費を削減することができます。

また太陽光発電システムは災害時にも故障をしなければ電力を作り出すことができるため、オール電化の住宅にとっては大きなメリットです。そのため太陽光発電+オール電化+蓄電池と揃えることによって、光熱費の削減が期待できるほか、災害時の備えができるといえます。

コラム一覧