家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

買取期間が終わった後の蓄電池

固定価格買取制度により住宅用の太陽光発電システムで作り出した余剰電力は売電することができます。しかし固定価格買取制度には買取機関があり、2019年に買取期間が終了してしまうことにより、最近、蓄電池の注目されるようになってきています。

固定価格買取制度は有効な期間では太陽光発電システムの導入によって売電収入を期待することができましたが、買取期間が終了してしまうと、その後の買取価格は11円前後になると予想されています。そうすると電力を作るより、買った方が安いといった状態になると考えられます。

そのため固定価格買取制度の買取期間後は、作り出した電力をすべて住宅内で使用するといったことを検討するのが望ましいといえるでしょう。

しかし、太陽光発電システムは太陽光によって発電を行っておい、作り出された電力をすぐに使い切るというのは難しいでしょう。しかし電力を貯めることができる蓄電池があれば余剰電力を貯めておいて、夜間に使用したり、天候が悪く発電量が少ない日に使用するといったことができるようになります。

そして蓄電池のメリットには災害や電力がひっ迫したときにも強いと点もあります。災害などにより停電しまったときや、電力供給がひっ迫しているときも、蓄電池を利用すれば住宅内の家電製品を使用することができます。

蓄電池の蓄電容量は、メーカー、機種によって異なりますが、一般的な住宅用蓄電池の場合、フル充電していれば半日程度住宅内で電化製品を使用することができます。

太陽光発電システムに故障がなければ昼間は太陽光発電システムによって電力を確保できるため、太陽光発電システムと蓄電池で電気が復旧するまで、凌ぐことも可能となるのです。

蓄電池はメーカー、機種によって価格やサイズ、蓄電量などが大きく異なりますが、2019年の買取期間の終了を踏まえて、現在は太陽光発電システムのパワーコンディショナに蓄電池の機能が搭載されたハイブリッドパワコンが注目されています。

ハイブリッドパワコンなら太陽光発電システムでつくられた直流電流を交流に変換せずに蓄電することができます

コラム一覧