家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

蓄電池の設置はネット業者が断然お得?悪徳訪問販売の販売手法とトラブル事例

カテゴリ:

家庭用蓄電池は、万一の災害への備えや、太陽光発電システムをより効率的に活用する目的などで、年々その注目度が高くなっています。そして需要が高くなるとともに、家庭用蓄電池の訪問販売によるトラブルが増加していると言われています。もともと住宅リフォーム関連は、訪問販売によるトラブルが多いことでも有名ですが、全国各地で自然災害が頻発している近年では、必要以上に不安を煽ったり、ウソを織り交ぜたセールスで蓄電池を勧めてくる訪問販売業者も少なくないので注意が必要です。

そこで今回は、悪質訪問販売業者に多いセールス手法をいくつかご紹介していきます。太陽光発電の固定価格買取り制度が終了する家庭などで、急いで蓄電池を導入しなければ…などと気持ちが焦っている方は特に注意が必要だと思います。

家庭用蓄電池の導入!注意すべき訪問販売の手口は?

最初に言っておきますが、訪問販売を行う業者全てが悪質なセールス手法をとっているわけではありません。突然訪問してくるという営業手法上、顧客が心のや知識の準備ができておらず、契約した後に「騙されたのでは?」などと言う心理が働きやすいため、トラブル相談に発展してしまうことが多いのです。
しかし、訪問販売業者の中には、実際に強引な営業手法をとる会社も少なくありませんので、どういった手口が危ないのか?ということは知識として持っていた方が良いでしょう。ここでは、訪問販売の営業手法の中でも特に注意しておいた方が良い代表的な営業手法をいくつかご紹介します。

強引に契約を迫る業者は注意!

まず注意が必要なのは、その場で強引に契約を迫るような業者です。訪問販売のトラブル事例として相談件数が多い事例ともいえます。例えば、家族で相談するからと断っているのに何時間も居座って契約を迫ってくる…、この場で契約してくれなければキャンペーン価格が利用できないなどと即決を迫ってくる…などの事例が多いです。

こういった『強引に即決を迫る』手法というのは、高額な見積もりを提示して、相見積もりや第三者に相談して「高い」という指摘をさせないことが目的となるため、消費者にとっては非常に高いリスクがあります。また、断ったらすぐに帰ってくれる業者でも、何度も訪問してくる業者には少し注意が必要かもしれません。本来、『特定商取引法』では、消費者が購入の意思がないと伝えたのに勧誘を続ける行為は禁止されていますので、それを分かった上で勧誘してくる業者には注意が必要です。

セールス内容にウソがある!

訪問販売の営業マンであれば、多少大げさなセールストークを行うのは当たり前のことだと思います。しかし、時には明らかなウソを織り交ぜて、消費者の不安を煽る手法などが使われるので注意が必要です。家庭用蓄電池の訪問販売の場合、以下のフレーズが出てきた場合、注意が必要です。

  • 「2019年問題」で売電できなくなるので蓄電池が必要です!
    現在多いのは固定価格買取り制度(FIT)を使った営業トークです。実際に、卒FITとなるご家庭もありますが、まだ終了しない家庭もありますし、売電できなくなることもありません。
  • 蓄電池を導入しないと損をしますよ!
    こういった営業トークも非常に多いです。蓄電池を上手に活用すれば光熱費削減でお得になる家庭は実際に多いです。しかし、「導入しないと損」というのはウソです。
  • 太陽光は必ず蓄電池を付けなければならない!
    『2019年問題』が話題になっている最近では、こういった完全なウソを営業トークとして利用する営業マンもいます。もちろん、蓄電池が無くても太陽光発電は運用可能です。
  • 電気代の削減効果ですぐに元が取れる!
    補助金や導入する蓄電池の種類によって数年で元が取れる場合もありますが、そうでない場合もあります。
  • キャンペーン価格だから他業者ではこの価格では買えない!
    相見積もりをとってみなければわかりません。

蓄電池の訪問販売では、このようなウソの情報をもとに契約を迫ってくることがあります。こういった危険な業者との契約を防止するためには、まずその場で契約はしないということや、複数の業者に相談するということが対策となります。また、ウソの情報なのか本当の情報なのかを見極めるため、消費者自身がきちんとした知識を知っておく必要もあるでしょう。
したがって、蓄電池の導入を検討した場合には、業者さんの話を鵜呑みにするだけでなく、疑問に思った事は自分で調べてみるという姿勢がとても重要になります。

キャンペーン商法に注意!

訪問業者のセールス手法では、「モニター価格」「地域〇軒の特別価格」「設置工事費無料キャンペーン」などと意味不明なキャンペーンを前面に押し出す商法も少なくありません。こういった事を言われると、どうしてもお得に感じてしまう人も多いのではないでしょうか?
しかし、こういったキャンペーンでは、実は消費者に不利益が潜む契約になっていることも少なくありません。例えば、提示される見積書が『一式』として総額だけ記載されており、どこに何のお金が掛かっているのか全く分からないということもあるでしょう。この場合、本当に施工費が無料になっているのかわかりません。他にも、値引き金額を多く見せかけるため、本来かかる費用よりもともと高く設定されていることも少なくありません。こういった場合には、値引き金額の多さばかりに注目し、お得感を感じてしまうわけです。

こういったキャンペーン商法では、一式の見積書を貰うのではなく、きちんと詳細な内容が記載された見積りを依頼しましょう。「キャンペーンだから詳細見積もりは出ない」などと言われるようでしたら、その業者に依頼するのはやめた方が良いと思います。また、相見積もりを取って他社と比較するにしても、詳細な見積もりが無ければ比較のしようがありません。
何も考えずに「お得そうだから…」という印象で契約してしまうと、相場よりもかなり高い金額だった…などということも少なくありません。「この場で契約してくれたら…」などと迫られても、一度立ち止まり慎重に比較検討するのが安全だと思います。

家庭用蓄電池の訪問販売トラブルを防ぐには?

それではここからは、蓄電池の購入を検討している方が悪質な訪問販売トラブルに巻き込まれないようにするにはどうすれば良いのか?ということを簡単にご紹介しましょう。

提示された価格が適正なのかチェック!

訪問販売トラブルを防ぐためには、提示された蓄電池の導入費用が適正な価格になっているのかきちんとチェックする必要があります。訪問販売業者が、「キャンペーン価格だから他社より安い」といくら言っても、提示された価格が相場と比べて本当に安いのかなどわかりません。したがって、複数の業者に見積もりを依頼して、提示された価格が適正なのか確認しましょう。もし、相場よりも高い価格となっているのであれば、契約せずに他の業者に依頼すべきです。つまり、その場で契約をするのではなく、「いくつかの業者と比較検討する!」ということを明確に伝えることがトラブルを回避するコツです。

ただし、注意が必要なのは、複数の業者に見積もりを依頼する場合、依頼内容はすべて統一しなければ意味がありません。例えば、ある業者は「6.5kWhの蓄電池の見積もり」またある業者は「10kWhの蓄電池の見積もり」などと条件が変われば、当然提示価格が変わってしまい比較検討のしようがありません。したがって、業者さんに見積り依頼をする場合には、依頼内容をきちんと固定して説明する必要があります。

業者をチェックする!

当然のことですが、蓄電池など、高額になる住宅設備の購入は「信頼できる業者から購入する!」ことが重要です。したがって、その業者が優良業者なのかどうかをきちんと見極めるようにしましょう。

業者を見極めるポイントとしては、蓄電池の販売や設置に十分な実績を持っているのか?という点がまず大事です。今まで数件しか設置したことが無い業者よりも1,000件以上の施工実績を持っている業者の方が安心なのは当たり前です。他には、設置工事後のアフターフォロー体制がどうなっているのかも見極めポイントです。蓄電池は、導入後のメンテナンスは基本的に必要ないのですが、それでも何が起こるかわかりません。したがって、設置工事後、どのような保証体制になっているのか、アフターフォローは何をしてくれるのかきちんと確認したほうが良いでしょう。
こういった情報は、企業のホームページなどを確認することである程度確認することが出来ますし、口コミサイトなどの情報も参考になると思います。蓄電地を購入する場合には、契約する前にきちんとその業者が信用できるのかチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、家庭用蓄電池の訪問販売で、悪質業者に騙されないために知っておきたいポイントをご紹介してきました。家庭用蓄電池は、災害への備えとして…や、光熱費削減効果を期待して…などと言った理由で、その需要が急激に高くなっていると言われています。しかし、需要が高まるとともに、悪質な訪問販売トラブルも増加していると言われているのです。

訪問販売では、さまざまなセールス手法を使って巧みに契約を迫ってきますので、注意しておかなければいつの間にか相場より高い金額で蓄電池を購入してしまっていた…なんてことが考えられます。この記事でもご紹介したように、その場での契約を強引に迫ってくるような場合、第三者への相談や相見積もりによる適正価格の確認を防ぐ目的があると考えられるので注意しましょう。家庭用蓄電池は、新規参入業者が増加したこともあり、手ごろな価格で手に入るようになってきましたが、決して安い買い物ではありません。したがって、蓄電池の購入は、本当に提示された価格が適正なものなのか複数の業者を比較検討するのがオススメです。

現在、蓄電池の購入を検討中の方で、本当に激安の蓄電池をお探しという方がいれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。とくとくショップは、豊富な施工実績を持っていますので、どのような条件のお宅でも最適な蓄電池の選定から設置工事まで、格安価格をご提示しています。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド