家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

家庭用蓄電システムとHEMSの連動によって得られるメリットとは?

カテゴリ:

ここ最近、よく耳にするようになってきた『HEMS(ヘムス)』ですが、HEMSがどういった物なのかイマイチ分からない…という方もまだ多いのではないでしょうか。この『HEMS』は、大手メディアなどでも取り上げられる事が増加しており、これからの住宅には欠かせないと言われている「エネルギーの見える化」の実現や、住宅に導入している太陽光発電や蓄電池などの各種設備や家電を管理・制御してくれる設備のことを指しています。
HEMSは『Home Energy Management System』の略なのですが、これは住宅の『EMS(エネルギー監理システム)』という意味で名づけられています。ちなみに、商用ビル向けのEMSは『BEMS(ベムス)』、工場向けは『FEMS(フェムス)』などと管理対象の違いによって名称も異なります。もちろん、電力需要と電力供給のモニターやそれのコントロールを行うシステムという基本は同じです。

今回は、将来の住宅を考えた場合、無視することができない『HEMS』の基礎知識についてご紹介します。

『HEMS(ヘムス)』ってなんだ?

それではまず、「HEMSって何?」という疑問にお答えするため、HEMSの基礎知識を簡単にご紹介しておきましょう。

上でもご紹介したように、HEMSは『Home Energy Management System(ホーム エネルギー マネジメント システム)』の略となります。なんとなく機器の名称のように思えますが、住宅のエネルギー管理を行うシステム全体をあらわす名称となります。
それではこの『HEMS』はどのような役割を担ってくれるのでしょうか?近年の住宅は、冷蔵庫やエアコンなどの家電を始め、太陽光発電システムや家庭用蓄電システムなど、「電気を消費するもの」「電気を作るもの」「電気を蓄えておくもの」、非常に多岐にわたる電気に関する設備が利用されています。普段の生活を考えてみると、これらの電気製品について、人が細かく管理し、「今どれだけ電気を使用しているのか?」「どれだけ電気を発電しているのか?」など、常に把握しておくようなことは難しいです。しかし、HEMSは、住宅で使用している家電や電気設備機器と管理システムの機器がつながる事で、電気やガスなど、住宅で使用しているエネルギー量をモニター画面に表示してくれるようになるのです。さらに、蓄電システムに蓄えた電気と太陽光発電で発電した電気を、HEMSが管理・制御することで、より効率的に使うことができるようになります。
したがって、HEMSを導入していれば、常に住宅で使用しているエネルギーを『見える化』することが可能となり、消費エネルギーを把握することで、その住宅に住む人の省エネや節電の意識を持って貰うことができるようになると言われているのです。

HEMSを導入するためには、備えるべき機器が複数あるのですが、日本政府は、2030年までにすべての住まいにHEMSを設置することを目指しています。

『HEMS(ヘムス)』のメリットとデメリット

『HEMS』は、上で紹介したように、家庭内のエネルギー使用の制御を適切に行ってくれるものです。したがって、蓄電池システムと連動させることで、蓄電池に貯めた電気を家庭内の最適な場所に自動で供給するなど、蓄電システムのメリットを最大限まで利用することができ、節電や節約に大きく貢献してくれると言われています。
ここでは、HEMSの代表的なメリットとデメリットをいくつかご紹介しておきます。

『HEMS(ヘムス)』のメリットは?

まずはHEMSのメリットからです。HEMSを導入すれば、エネルギーの見える化や一元管理ができるようになるのですが、具体的には以下のようなメリットがあると言われています。

  • 家庭の電力使用量が目で確認できるようになります。家庭で使用する電化製品のエネルギー使用量を把握することができますので、効率的な省エネの取り組みが可能になります。
  • 家電の自動制御や遠隔操作が可能になります。例えば、室内温度が〇度下がったらエアコンの風量を弱くするなど家電の自動制御が可能となります。また、出先などから遠隔操作によって家電をコントロールすることも可能です。
  • 家庭でのエネルギー使用量がいつでも確認できるため、節電意識を高めることができます。
  • リアルタイムでエネルギー使用量を確認するため、エネルギーの無駄遣いを防ぐことができます。
  • 電気料金の高価格時間帯と低価格時間帯を自動認識します。したがって、蓄電池や太陽光発電システムを利用して低価格帯の優先運転などが可能になります。
  • 電気使用量が大きい時期には蓄電池に貯めた電気を利用するなど、ピークカットが可能になります。

『HEMS(ヘムス)』のデメリットは?

HEMSは、適切なエネルギー利用を実現し、消費エネルギーの見える化で節電・省エネ意識を高めることができるのが大きなメリットです。しかし一方で、いくつかのデメリットも存在していると言われています。ここでは、HEMSのデメリットとしてよく言われている内容をいくつかご紹介しておきましょう。

  • HEMSはユーザーからの知名度がまだ低いことがデメリットの一つと言われています。最近でこそメディアなどでも取り上げられる機会が増えていますが、太陽光発電や家庭用蓄電池に比較すると、HEMSの存在自体をまだ知らないという人も多いです。当然、知らない物を住宅設備として導入するような方はいませんので、HEMSの普及にはまだまだ時間がかかると言われています。
  • HEMSを導入すためには、いくつかの機器を設置する必要があります。当然、設置工事なども必要になりますので、導入にはそれなりのコストがかかります。しかし現状では、HEMSの導入で節約が可能になると言われても、導入費用の回収にどの程度の期間が必要になるのかが明確でないのです。つまり、コスト的なメリットが明確でないということがデメリットです。
  • HEMSを使って電気製品を制御する場合、専用の通信規格である『ECHONET Lite(エコーネット規格)』に対応していなければいけません。現在、家庭内で使用されている数年前の家電であれば、ほとんどの製品がこの通信規格に対応していないため、HEMSを導入しても自動制御できないというデメリットがあるのです。今後新たに発売される製品については、HEMSに対応することが予想されますが、対応商品が少ないご家庭ではHEMSの存在意義がかなり小さくなってしまう可能性があるのです。

まとめ

今回は、家庭用蓄電システムと連動させることで、非常に大きなメリットが得られると言われる『HEMS(ヘムス)』の基礎知識についてご紹介しました。HEMSは、簡単に言うと、家庭で使用するエネルギーをリアルタイムで確認することができ、その家に住む人の節電・省エネ意識を高めることができるシステムです。さらに、連携させた電気機器を自動制御してくれるため、勝手に最適なエネルギー利用を実現してくれるのです。

近年、太陽光発電や家庭用蓄電池を導入している方は非常に増えてきましたが、それらの設備を「完全に使いこなせている!」という方はまだまだ少ないのではないでしょうか。HEMSは、こういった「電気を作る設備」や「電気を蓄えておく設備」に関しても、自動で最適な管理・制御を行ってくれるようになるのです。まだまだ課題も多いと言われるHEMSですが、日本政府が普及推進をしていますので、今のうちにどういった物なのかぐらいは掴んでおくのがオススメです。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド