家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

業界最安値クラスと言われるLooop(ループ)の家庭用蓄電池!低価格なのに高性能と言われる蓄電池の特徴は?

カテゴリ:

今回は、近年そのコストパフォーマンスの高さで、数ある家庭用蓄電池の中でも高い人気を誇るLooop(ループ)の家庭用蓄電池についてご紹介します。

家庭用蓄電池の導入は、設置工事費用などを含めると100~200万円程度のコストがかかってしまうのが一般的です。当然、誰もができるだけ安価に、そして高品質な蓄電池を導入したいと考えるものですが、いざ購入してみると「安かろう悪かろう…」の製品では困ってしまいます。
したがって、家庭用蓄電池の機種を選ぶときには、他の製品より低価格の蓄電池を見つけたとしても、「容量や寿命などの性能は大丈夫なのだろうか?」と不安に思ってしまうことも少なくないでしょう。日本国内の蓄電池は、徐々に価格が下がっているとはいえ、導入に百数十万円以上のコストがかかるのが一般的で、まだまだ決して安いとは言えないのがネックとなっています。そのような中、株式会社Looopが販売する家庭用蓄電池『Looopでんち』は、なんと本体価格が80万円台で買えてしまうほどの安さなのです。家庭用蓄電池は、世界的に名の知れた国内超有名企業なども販売していますが、それらの据え置き型家庭用蓄電池と比較しても、圧倒的な低価格を実現しています。

それでは、低価格で導入できるLooopの家庭用蓄電池は、本当に安心して利用できる性能を持っているのでしょうか?今回は、業界最安値クラスと言われる『Looopでんち』の特徴や、導入のメリットをご紹介します。

『Looopでんち』の特徴や性能について

それではまず、株式会社Looopが販売する家庭用蓄電池『Looopでんち』の特徴を簡単にご紹介しておきましょう。株式会社Looopは、太陽光発電システムのメーカーとして有名でしたが、現在では蓄電池の販売や、電力事業も手掛けるようになっています。家庭向けなどを含めた電力の小売全面自由化がスタートしてから、着実に契約件数を伸ばしている株式会社Looopですが、それは、太陽光発電や蓄電池を組み合わせた複数の電気料金プランが存在するからだと言われています。
太陽光発電や家庭用蓄電池は、どちらも高い電気代削減効果があると言われていますが、Looopではさらに電力事業を組み合わせることで、大きな電気代削減効果を実現できるのです。つまり『Looopでんち』は、蓄電池を導入することの恩恵だけでなく、太陽光発電や電気料金プランなど、電気のトータルマネジメントができるのが大きな特徴となります。以下で、『Looopでんち』本体の特徴についてもう少し詳しくご紹介しましょう。

驚異の低価格で導入できる

『Looopでんち』最大の特徴と言えば、業界最安値クラスとも言われる本体価格の安さです。一般的な家庭用蓄電システムは、200万円前後するものが多い中、この蓄電池は「蓄電池ユニット、ハイブリットパワコン、通信コントローラ、リモコン」がすべてセットになって89万8000円(税別)と驚異的な低価格で販売されているのです。
蓄電池の導入を考えた場合、コスト面がネックとなり二の足を踏んでしまう…という方も多いのでしょうが、『Looopでんち』は誰もが導入しやすい価格帯になっていると思います。

AIによる効率的な充放電を実現

現在、家庭用蓄電池は大容量のものが選ばれる傾向にあり、『Looopでんち』の蓄電容量は『4kwh』となっているため、少し心もとない…と感じてしまう人が多いかもしれません。しかし、『Looopでんち』は、AI機能を利用することで、家庭の電力需給を予測し、効率的な充放電を自動で繰り返すシステムが搭載されています。蓄電池自体が、電力のマネジメントを行うことで、本来蓄電池が持つ蓄電容量4kwhの2倍に匹敵する、最大8kWh相当の蓄電を実現するのです。
『Looopでんち』は、低価格な点が前面に押し出される印象がありますが、蓄電池本体の性能も非常に高く、エネルギーを無駄なく使えるコストパフォーマンスの高い蓄電池に仕上がっているのです。

全て日本製で安全性も高い

『Looopでんち』は、リチウムイオンの中でも安全性が高いと言われる「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用しています。家庭用蓄電池は、システムの一部に海外製品を採用しているメーカーも多いですが、『Looopでんち』は、構成の全てに日本製品を採用しており、高い充電効率と長い寿命を実現しています。
安全性・信頼性を重視して開発されたこの蓄電池は、10年の無償保証がついていますので、長く安心して使用できるのも大きな特徴と言えます。

Looopでんち割で電気代が割安になる!

引用:Looop電池公式サイトより

上でも少し触れましたが、家庭用蓄電池として『Looopでんち』を導入する場合、「Looopでんき」と契約して電気代を下げることが可能です。

上図は公式サイトからの引用ですが、例えば、東京電力の場合、通常の電気料金は『26円/kwh』となります。そしてここに、『Looopでんち』を導入しでんち割を適用することで、電気代が23円となり、なんと1kwh当たり3円も電気料金が安くなるのです。さらに、Looopの太陽光発電システムを同時に設置すると考えると、でんち割の他に「Home割」「ソーラー割」も適用することができ、この場合、東京電力管内のご家庭であれば、電気料金が『21円/kwh』となり、1kwh当たりで5円も電気料金が安くなるのです。

一般的な4人家族で電気代はどれだけ削減できる?

ここで、「でんち割」「Home割」「ソーラー割」を適用した場合、一般的な家庭でどれだけの電気代削減効果があるのか参考に計算してみましょう。ここでは、月間電気使用量500kwhと想定しています。

  • 月間削減金額:500kwh×5円=2,500円
  • 年間削減金額:2,500円×12か月=30,000円
  • 10年間削減金額:30,000円×10年=300,000円

このように、蓄電池などの導入設備に合わせた電気料金プランを選択することで、家計にかかる電気料金を大幅に削減できるのがLooopでんちの大きな特徴です。

『Looopでんち』の価格やスペック

Looopでんちの仕様
定価(税別) 89万8000円
構成 蓄電池、パワコン、モニター、リモコンのセット
蓄電容量 定格4kWh
想定寿命 12,000サイクル
設置場所 蓄電池:屋外もしくは屋内、パワコン:屋外
使用周囲湿度 パワコン使用環境温度範囲:-20℃~+40℃
蓄電池使用環境温度範囲:0℃~+40℃
保証 無償:10年、有償:15年

『Looopでんち』は、上の表の通り、「蓄電池、パワコン、モニター、リモコン」がセットになって89万8000円(税別)と低価格を実現しています。もちろん、実際に導入する場合には、設置工事にかかる工事費用や諸経費が別途かかります。設置工事費用は、設置予定場所の条件などによって異なりますので、販売店に見積もりしてもらうのが良いでしょう。

ここまででご紹介したように、『Looopでんち』は非常に高性能な上に低価格というのが大きな特徴です。さらに、専用の電気料金プランを契約すれば、日々の電気代も節約できる蓄電システムとなっていますので、できるだけ初期費用を抑えて蓄電池の導入をしたいという方、蓄電池を利用して光熱費を下げたいと考える方、両方にオススメ出来る蓄電池となっています。
寿命も非常に長く、安全性の高い蓄電池となっていますので、現在蓄電池の導入をご検討中の方は、ぜひ候補の一つにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、株式会社Looopが販売する家庭用蓄電池『Looopでんち』についてご紹介してきました。この記事でご紹介したように、『Looopでんち』は200万円前後が当たり前の家庭用蓄電池の費用相場を考えると、圧倒的な低価格で販売されている蓄電池というのが大きなメリットです。もちろん、低価格だから性能が悪い…ということもなく、他メーカーが販売している蓄電池と比較しても、性能面では遜色がない実力を発揮します。

さらに、Looopでんちの大きな魅力として、太陽光発電システムやLooopの電気料金プランを併用することで、日々の生活にかかる電気料金を大幅に削減することもできるという点です。家庭用蓄電池は、万一の災害時に備えて…という目的でも注目されていますが、やはり高い光熱費削減効果が大きなメリットとしてとらえられているのだと思います。そのことを考えると、蓄電による効率的な電力利用で光熱費削減ができるだけでなく、電気料金そのものが下がるというのは、他メーカーの蓄電池と比較しても圧倒的に大きなメリットになるのではないでしょうか。

現在、蓄電池の導入をお考えの方で「どの蓄電池を選べばいいか分からない…」と困っている方がいれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。とくとくショップでは、経験豊富なスタッフが、お客様のご要望やご予算などを伺い、最適と思われる機種の選定から行っています。家庭用蓄電池のご相談は、豊富な施工実績を持つ弊社にお任せください!

> とくとくショップの安心サービスはコチラ

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド