家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

メリットは寿命の長さだけ?ニチコンの蓄電池の特徴と性能をご紹介

カテゴリ:

今回は、長年家庭用蓄電池のトップメーカーに君臨するニチコンの家庭用蓄電池についてご紹介します。

ニチコンは、家庭用蓄電池の生産において、世界的なシェアを誇っている企業で、公式サイト内でも「家庭用蓄電システムの累積生産台数、世界No.1(※2016年3月現在、ニチコン調べ。)」とうたっているほどのトップメーカーです。ニチコンが生産する家庭用蓄電池は、10年、20年という長い単位での使用にも耐えられるように開発されており、長寿命なことが特徴と言われるのですが、それでは、寿命以外にはどのような性能を誇っているのでしょうか?

現在、家庭用蓄電池の導入を検討中の方であれば、各メーカーが販売する蓄電池の性能や特徴を比較検討したいものだと思いますので、ここではニチコンの家庭用蓄電池にスポットを当て、そのメリットなどをわかりやすくご紹介します。

ニチコンが生産する蓄電池の特徴は?

それではまず、ニチコンが製造・販売する家庭用蓄電池の特徴をいくつかご紹介していきましょう。

業界最大クラスの大容量・高出力!

ニチコンの公式サイトでも記載されているように、消費者として非常に嬉しい『業界最大クラスの大容量・高出力(2016年3月ニチコン調べ)』の蓄電池を製造しています。ニチコンの家庭用蓄電池で、新開発のリチウムイオン電池が搭載されている機種の中には、12kWhの大容量を実現しているものも販売されています。さらに非常に高い充放電能力を持っており、短時間で電気をたっぷり蓄えて、必要なときにはしっかりと使うことが可能です。
また、停電時には蓄電システムから電力供給に自動で切り換わる仕様になっていますので、万一の場合も安心です。

幅広い設置環境に対応!

ニチコンのハイブリット蓄電池は、幅広い設置環境に対応しています。設置可能温度が「-30℃~+40℃」までの製品もあり、酷寒地域などでも問題なく屋外設置可能です。また、オプションの日よけボードを取り付けることで南側設置も可能となります。このように「設置スペースを選ばないという」特徴は、蓄電池の導入ハードルを下げることもできるでしょう。
さらにニチコンは「蓄電システムは、家族のくらしに寄り添っていくもの」というコンセプトのもと蓄電池の生産を行っているため、蓄電池の導入から15年にわたって充電可能容量50%以上を保証しています。(1日1回の充放電が想定)長期メーカー保証は、蓄電池選びの大きなポイントになると思います。

ニチコンの代表的な蓄電池の種類

ここではニチコンが販売する代表的な家庭用蓄電池の種類とその特徴を簡単にご紹介します。ニチコンの家庭用蓄電池は、パワーコンディショナーが内蔵されている「ハイブリットタイプ」と「単機能タイプ」がります。ここでは、『ESS-H1、ESS-U2L、ESS-U2M』の3シリーズについて簡単にご紹介しておきます。

新築/今から太陽光発電を購入の方『ESS-H1シリーズ』

品番 蓄電容量 定格出力 メーカー希望価格(税抜) 保証
ESS-H1L1 12kWh 5.9kW ¥4,200,000 15年

『ESS-H1シリーズ』はハイブリットタイプの蓄電池です。この蓄電池は、新開発のリチウムイオン電池が搭載されているため、業界では最大クラスの12kWhという大容量を実現しているのが特徴です。太陽光発電システムと連携できる効率の良い蓄電システムと言われています。
『ESS-H1シリーズ』は、蓄電池の導入から15年にわたって充電可能容量50%以上を保証してくれる長期保証がついており、室内リモコンにも5年保証があるため、長期間利用することが想定となる蓄電システムとしては非常に安心です。この蓄電池は、「-30℃~+40℃」が設置可能温度となっているため、酷寒地域などでも問題なく屋外設置可能など、日本国内幅広い地域で利用できます。

既に太陽光パネルをお持ちの方『ESS-U2Lシリーズ』

品番 蓄電容量 定格出力 メーカー希望価格(税抜) 保証
ESS-U2L1 12kWh 3.0 kW ± 5 % ¥3,700,000 15年

『ESS-U2Lシリーズ』は、単機能タイプの蓄電池で、既に太陽光発電システムを導入している場合でも、連携機を使うことで問題なく使用することが可能です。導入するご家庭の条件によって、深夜電力や太陽光発電など、連携方式も選択できるようになっているので、非常に効率的な蓄電池活用が可能となります。
高温や低温に強い新開発蓄電池が搭載されているため、従来は設置できなかった家屋の南側や北海道などの寒冷地でも屋外設置可能になるなど、設置環境も選ばず導入することが出来ます。

既に太陽光パネルをお持ちの方『ESS-U2Mシリーズ』

品番 蓄電容量 定格出力 メーカー希望価格(税抜) 保証
ESS-U2M1 11.1 kWh 2.0 kW ± 5 % ¥3,200,000 10年

『ESS-U2Mシリーズ』は、単機能タイプの蓄電池で、新開発のリチウムイオン蓄電池が搭載することにより、11.1kWhの大容量を実現しています。このタイプは、保証期間10年となっています。
『ESS-U2Mシリーズ』の特徴は、万一の停電などに備えるため、常時約3kWh(30%)の電力を蓄電システムに蓄えておく機能があることです。さらに、実際に停電してしまった時には、自動で電力供給に切り替わるため、いつ停電が発生しても安全な生活を守ることが可能です。設置可能温度は「-10℃~+40℃」となっており、日よけを付けることで南側設置も可能になるなど、幅広い設置条件に対応することが可能です。

ニチコンの蓄電池を選ぶときのポイント

品番 蓄電容量 定格出力 メーカー希望価格(税抜) 保証
ESS-H1L1 12kWh 5.9kW ¥4,200,000 15年
ESS-U2L1 12kWh 3.0 kW ± 5 % ¥3,700,000 15年
ESS-U2M1 11.1 kWh 2.0 kW ± 5 % ¥3,200,000 10年

ニチコンは、多くの高性能な蓄電池を販売しています。他のメーカーと比較すると、保証期間が長いということや、比較的蓄電容量が大きい製品が多いということが特徴となるでしょう。一般的にですが、蓄電池の価格は、容量が大きくなることに比例して販売価格が高額になるものです。したがって、蓄電池選びをするときには、自分の生活スタイルを考えて本当にその容量の蓄電池が必要なのか?を考えなければ、適正な価格での蓄電池の導入が難しくなるでしょう。
ニチコンの家庭用蓄電池は、停電時の非常用電源や節電対策など、その高い機能や大容量という特徴で、さまざまな家庭の目的に合致する蓄電池を見つけることが可能だと思います。増設ユニットなどを併設しておけば、さらに大容量な蓄電システムを実現することも可能ですし、いざという時のために電力を備えておきたいと考える方には非常にオススメのメーカーとなります。
ただし、比較的蓄電容量が大きいという特徴から、蓄電池本体の価格が高額になってしまうというデメリットがあるのを忘れてはいけません。上で紹介したように、ハイブリット仕様の『ESS-H1L1』となると、メーカー希望小売価格で400万円を超えるような金額になってしまいますので、ご家庭の電力使用状況をよく考えて、「本当にそれ適正な蓄電池なのか?」の判断をしなければいけません。

まとめ

今回は、保証期間が長いニチコンの家庭用蓄電池の特長をご紹介しました。ニチコンの家庭用蓄電池は、保証期間が長いだけでなく、設置可能温度が幅広く、設置スペースの条件をあまり選ばないことや、停電時でも安心の自動電力供給など、非常に高性能だということがわかります。しかし、他のメーカーと比較すると、蓄電容量が大きい蓄電池が多く販売されているため、導入費用が高額になってしまうことも少なくありません。

現在、蓄電池の導入をご検討中の方で、どういった蓄電池を導入すれば良いか分からない…できるだけ激安で蓄電池を購入したい…などと考えている方は、お気軽にお問い合わせください。とくとくショップでは、お客様の電力使用状況や蓄電池を導入する目的などをきちんとお聞きし、それに最適な蓄電池の種類からご提案しています。蓄電池を激安価格で導入するためには、「どの蓄電池が生活スタイルに最適なのか?」を考えなければいけません。弊社では、各家庭ごとに最もお得になる蓄電池をご提案しています。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド