家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

家庭用蓄電池の販売業者選び?家電量販店、訪問販売などさまざまあるが、どこが安心?

カテゴリ:

今回は、家庭用蓄電池の導入を決めた時に、「誰から購入するのが最も安心なのか?」ということを考えてみたいと思います。

近年では、自然災害による大規模停電に備える目的や家庭で使用する電力をより効率的に運用するためなどと言った理由で、家庭用蓄電池を導入する方が増加しています。特に2019年秋以降は、太陽光発電で作った電気に関して、高額な売電価格を保証していた固定価格買取制度が期間満了で終了してしまうご家庭が続出するため、今までのような売電収入を得られなくなり、電力の自家消費に移行する方が増加しているのです。

このような状況もあり、家庭用蓄電池の需要が年々高くなっていることから、蓄電池の販売に新規参入する企業が急増していると言われています。消費者からすれば、購入先が増えることで価格競争も起こるのではなどと、歓迎できる部分もあるのですが、「とにかく蓄電池が売れれば良い!」と考えて詐欺まがいの販売方法を行う業者も増えてしまうというデメリットも存在しているのです。実際に、蓄電池の注目度が高くなってきた昨今では、訪問販売によるトラブルなども急増していると言われており、蓄電池の購入を決めた時には「誰から購入するのか?」ということを慎重に検討しなければいけない時代になっています。

そこで今回は、一般家庭向けに蓄電池の販売を行っているさまざまな業者について、それぞれの特徴や業者ごとのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

蓄電池の販売はさまざまな業者が行っている

それでは、家庭用蓄電池の購入先の違いによるメリットとデメリットをご紹介していきましょう。最近では、大手メディアなどでも家庭用蓄電池の有用性が盛んに報道されているため、今後の大規模災害に備える目的などで蓄電池の導入を検討している方も多いことでしょう。それでは、家庭用蓄電池を購入する場合には、購入先の選択肢としてどのようなものがあるのでしょうか?
代表的な選択肢は以下のような種類が考えられます。

  1. 特定メーカー専門の代理店から購入する
  2. 訪問販売業者から購入する
  3. 家電量販店から購入する
  4. ネット販売がメインの販売店から購入する

それぞれの選択肢を以下で詳しくみていきましょう。

①特定メーカー専門の代理店

まずは、特定メーカー専門の代理店から購入するという方法です。家庭用蓄電池はパナソニックや東芝など、大手家電メーカーも開発・販売に参入しており、こういった特定メーカーの専門代理店として蓄電池を販売する企業も多いです。このタイプの業者の多くは、もともとそのメーカーの太陽光発電の専門代理店を行っていたお店でしょう。こういった販売店から蓄電池を購入するメリットやデメリットは以下のようなことが考えられます。

メーカ専門代理店から蓄電池を購入するメリット

  • 専門代理店があるのは大手メーカーが多いので、安心して購入ができる
  • 同じメーカーの太陽光発電を設置している場合、連携の相談がしやすい
  • メーカー直接仕入れとなるので、本体価格を下げられる可能性がある

メーカ専門代理店から蓄電池を購入するデメリット

  • 他メーカーの蓄電池の知識がない事が多く、他メーカー製品との比較ができない。つまり、本当に自分の家に最適な蓄電池なのかが分からない
  • メーカーの代理店となっているだけで、蓄電池販売がメインではなく、蓄電池の知識が乏しい販売店も多い

特定メーカー専門の販売店の場合、既存太陽光発電システムとの関係で、「〇〇製の蓄電池を購入する」などとメーカーを限定している場合にはお得になる可能性があります。しかし、さまざまなメーカーを比較しながら自宅に最適な蓄電池を探したいと考えているのであれば、営業担当者の知識が乏しく、自分に最適な蓄電池かどうかが判断できない場合も多いというのが大きなデメリットになります。

②訪問販売業者

住宅関連設備やリフォーム関連は、訪問販売業者も非常に多いです。蓄電池の需要が高くなっている昨今では、訪問販売で蓄電池の案内を行っている業者も増加しているので、皆さんの中にも訪問販売の営業を受けたという人もいるのではないでしょうか。訪問販売に関しては、非常に良い製品を取り扱っていることもありますが、しつこい営業や押し売りなどの悪質な営業、購入後のトラブルなど、あまり良いイメージを持っていない人は多いと思います。それでは、訪問販売業者から蓄電池を購入するメリットとデメリットはどういったことが考えられるでしょうか?

訪問販売業者から蓄電池を購入するメリット

  • 知らなかった製品の情報や良さを知ることができる
  • 製品情報を聞きに行く手間がなくなる

訪問販売業者から蓄電池を購入するデメリット

  • 相場よりもはるかに高い見積金額を「キャンペーン価格」などと安く見せる販売方法を行う企業がある。購入者に知識がない場合、大損をしてしまう可能性がある
  • 取扱製品が少なく、さまざまな製品を比較して最適な蓄電池を選ぶことができない場合が多い
  • 営業担当者によっては蓄電池に関する知識が全くなく、質問しても正確な返答が貰えない場合がある
  • メリット面の説明しかしない業者が多く、後々トラブルになることが多い

訪問販売に関しては、購入者の無知を良いことに、高額な見積もりを「これが相場です」などと言って売りつけようとすることや、その家庭に最適な蓄電池かどうかなど考えず、無理やりメリットだけを押して購入させようとするなど、強引な販売方法を取る業者が多いので注意が必要です。例えば、「卒FIT後は蓄電池が無いと損する」などと、危機感を煽ってくるような販売方法には注意しましょう。

この記事を見た方へおすすめの蓄電池
SHARP 6.5kWh ニチコン 11.1kWh キョーセラ 12kWh

③家電量販店

最近では、住宅関連設備の販売やリフォーム事業まで行っている大手家電量販店も増えています。家庭用蓄電池に関しても、家電量販店で購入し、施工まで行ってくれますので、他の家電を購入するついでに蓄電池を購入するという手段もあるのです。家電量販店で蓄電池を購入する場合のメリットとデメリットは以下のようなことが考えられます。

家電量販店から蓄電池を購入するメリット

  • ポイント制度などを考えれば、本体価格が安くつく
  • 店舗で実物を見ることができる
  • 何か問題が発生したとしても、全国に店舗があり安心

家電量販店から蓄電池を購入するデメリット

  • 設置工事も依頼できるが、工事は下請け業者に丸投げしており、施工業者ごとの技術力に格差がかなりある
  • 展示スペースなどが限られるため、取扱製品は少ない
  • 蓄電池の専門業者ではないので、込み入った部分の質問には答えてもらえない場合がある

家電量販店は、多くの電化製品をまとめて購入できますし、ポイント制度のことを考えると、かなりの割引を受けることとなりますのでお得に購入できるのがメリットでしょう。しかし、家電量販店は蓄電池を専門に販売しているお店ではないため、製品に関する知識が乏しく、各家庭にどのような製品がベストなのか判断できない場合がほとんどです。また、家電量販店はあくまでも販売までがメインで、設置工事自体は下請け業者に丸投げしています。そのため、業者ごとの技術力に差があることや工事費用が割高になるのがデメリットです。

④ネットメインの販売店

最後は、ホームページなど、インターネット広告を利用して蓄電池を販売する業者です。インターネットを利用すればどのような情報もすぐ手に入る昨今では、住宅設備に関してもインターネットで製品を比較し、購入するという手法が主流となっています。こういった業者は、非常に幅広いメーカーの製品をまとめて掲載しているため、いろいろな製品を比較して自分に最適な製品を探すことができるというのが大きなメリットになっているでしょう。こういったネット販売業者には以下のようなメリットとデメリットがあると言われています。

ネットメインの販売店から蓄電池を購入するメリット

  • 同じサイト内にさまざまな製品が掲載されているため、製品の比較がしやすい
  • 施工実績など、業者の技術力や信頼性を判断できるポイントがたくさんある
  • 蓄電池を専門に販売しているため、営業担当者が豊富な知識を持っている
  • 訪問販売のようにたくさんの営業人員を抱える必要が無いなど、蓄電池販売にかかる経費を極限まで削減できるので販売価格が安い
  • 自社施工の販売店であれば、高い施工技術を持っており、信頼できる

ネットメインの販売店から蓄電池を購入するデメリット

  • 本当に信頼できる業者なのかの判断が難しい
  • 取扱製品が非常に多いので、一つに絞るのが逆に困難になる場合がある

ネット販売業者最大のメリットは、数多くある製品を比較対象で選択し、それを安価に購入できるということです。さらに、蓄電池を専門に販売している業者となるため、蓄電池導入によるメリットはもちろん、導入後の注意点やデメリット面など、詳細な部分まで説明を受けることができます。ただし、ネット通販業者の場合、自社の情報を上手に隠すこともできますので、本来は自社施工でない業者が自社施工をうたったり、蓄電池の販売業者としての歴史を改ざんしてホームページを公開する場合があります。したがって、その業者が本当に信頼できる業者なのかを口コミなどできちんと調べておく必要があるでしょう。

まとめ

今回は、家庭用蓄電池の導入を決めた場合、どういった業者から購入すれば良いのかについて考えてみました。この記事でもご紹介しているように、ここ数年家庭用蓄電池の需要が非常に高くなっていることから、もともと他の住宅設備を販売していた業者などが蓄電池の取り扱いを始めることも増えています。さらに、家電量販店などでも蓄電池の販売・施工を行っているなど、「どこにお願いすれば良いのか迷ってしまう」という声もよく耳にするようになっています。

家庭用蓄電池は、徐々に価格も下がってきているとはいえ、まだまだ決して「安い」とは言えない住宅設備ですので、導入後何十年も使用していくことを考えて購入先を選ばなければいけません。基本的にメンテナンスの必要がないと言われる蓄電池でも、故障の可能性や上手な運用方法など、購入後も考えなければいけないことは多いのです。したがって、蓄電池の購入先を決める時には、販売価格だけにこだわるのではなく、その業者がきちんと蓄電池に関する知識を持っているのか、アフタフォロー体制は整っているのかを注意するのがオススメです。

この記事を見た方へおすすめの蓄電池
SHARP 6.5kWh ニチコン 11.1kWh キョーセラ 12kWh

コラム一覧



ミラブルプラス

こちらのお問い合わせフォームからご連絡いただき、蓄電池をご契約された方先着10名様にミラブルPlusプレゼント!

必須お名前
任意電話番号
必須メールアドレス

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド