家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

長寿命と噂のスマートスターの価格と蓄電池の特徴

カテゴリ:

今回は、現在蓄電池業界で、「蓄電池のトップセールスを躍進中!」とも言われている『スマートスターL』の特徴や価格についてご紹介していきます。もともと産業用のバックアップ電源として活躍していた蓄電池ですが、最近では自然災害時の停電に備えるため…や、日々の光熱費削減効果を期待して…などと言う理由で一般住宅でも家庭用蓄電池の導入が進んでいます。そして、家庭用蓄電池への注目がどんどん高くなっていることから非常に多くのメーカーが蓄電池の開発・販売に参入しており、蓄電池の導入を考えている方の中には「どのメーカーのどの機種を選べば良いのか候補が多くて迷ってしまう…」なんて声もよく耳にするようになっています。

このような蓄電池メーカーが乱立する中でも、急速に販売台数を増やしているのが伊藤忠商事が販売する『スマートスターL』なのです。それでは、ここまでこの蓄電池の人気が高くなっていることには、どのような理由があるのでしょうか?ここでは、『スマートスターL』が持つさまざまな特徴をご紹介していきます。

『スマートスターL』の特徴は何?

それでは、現在人気No.1家庭用蓄電池と言われる『スマートスターL』の特徴をご紹介していきましょう。『スマートスターL』の特徴としてよく言われるのは、「大容量なうえ高出力!」や「停電時も安心!」、「AIを活用した自分で考える蓄電池」、「長寿命と安心の10年保証」などと言った事です。
それでは、それぞれの特徴についてもう少し詳しく解説していきましょう。

大容量で高出力な蓄電池

『スマートスターL』は、9.8kwhの大容量家庭用蓄電池システムとなっていますので、平均的なご家庭で使用する1日の電気使用量全てを賄うことも可能です。さらに、出力容量が『通常時・停電時ともに3KVA』と高出力のため、家庭で利用する多数の家電製品に電気の供給が可能となるのです。従来の家庭用蓄電池であれば、定格出力が「1.5KVA~2KVA程度」が相場となりますので、スマートスターLの3KVAという数値は非常に大きいのです。

例えば、スマートスターLであれば、万一の停電時などにも以下の機器・設備を使用することが出来ます。

  • エアコンなどの空調設備
  • IH調理器具
  • エコキュートやエネファームなどの給湯システム

スマートスターLは、他の蓄電池にない高出力という特徴で、上のような機器でも問題なく使用することが出来るのです。特に、停電時でもエコキュートが利用できるというは、他の蓄電池と比較したときに非常に大きなメリットとなるでしょう。実は、200V電圧を使用可能な蓄電池でも「エコキュートは使用不可」となっていることが多く、エコキュートを導入しているご家庭で蓄電池を導入する場合のポイントになると思います。ちなみに、460L規格のエコキュートでお湯を沸かす場合、約7kwh程度の電力が必要になるのですが、スマートスターLは「9.8kwh」の大容量蓄電池となりますので、他の家電を利用しながらエコキュートへの放電も可能となります。容量の小さなエコキュートであれば、蓄電池に蓄えられている電力を使い切ってしまう場合もあるため、他の目的に電気を利用できない…など、電力利用の優先順位が崩れてしまう可能性もあるのです。

急速充電も大きなメリット!

スマートスターLは、大容量・高出力の家庭用蓄電池で非常に使い勝手が良いという点が人気の理由のひとつです。さらに蓄電池の充電が空になった状態でも、急速充電が可能なので短時間でフル充電の状態にできるというメリットも持っています。短時間で充電できるという能力は、災害時などに停電が発生した場合、非常に高い利便性を発揮することでしょう。

停電時も安心のバックアップ電源

スマートスターLは、万一の停電が発生した場合には、非常に心強いバックアップ電源となってくれます。一般的な蓄電池の場合、停電の際は系統※1からの電力供給が停止してしまうため、最大出力1.5kwまでしか太陽光発電の電力を使用できません。しかし、スマートスターLを導入していた場合は、独自のシステム制御により、太陽光発電で発電した電力がいったん蓄電池を経由するため、通常時と同様に太陽光発電を利用でき、発電した電力を無駄なく使用することが出来るのです。したがって、「余剰電力は蓄電池に蓄えておく」などと、停電時でも夜間帯の電力に困ることが少ないです。

なお、定置型家庭用蓄電池は、分電盤の接続方法によって、停電時の電力供給が『特定負荷型』と『全負荷型』に分けることが出来ます。特定負荷型は、停電時などには予め選定しておいた家電やコンセントを利用できるように電力供給を限定するのですが、全負荷型の場合は、停電時でも家庭内の全ての負荷を救済することが出来ます。
スマートスターLは、全負荷型の蓄電池となっており、万一に備えて家電を選定する必要もなく、その都度必要に応じて家電を使用することが出来るなど、停電時も家を丸ごとカバーできるのが大きなメリットとなります。

非常時に備えて「残量設定」が可能!

スマートスターLは、非常時に備えて予め残量設定をすることが可能です。通常時は、設定した残量を下回ると、停電に備えるため放電を停止します。残量設定は、0%に設定することも可能ですので、ライフスタイルに合わせて柔軟に蓄電池を活用することが出来ます。

※1系統:電力を供給する送電線は、効率的に電気を送るため、電圧を変えて電気を送ります。この電気を送る電力網を『系統』といいます。

賢く蓄電池を活用するAI機能が搭載

スマートスターLは、『Grid Share』と呼ばれるAI機能を活用することにより、賢く電気代を節約することが可能です。
スマートスターLに搭載されているAI機能は、ご家族の在宅状況などを学習していき、天気予報などの情報をもとに最適な蓄電容量を保つなど、賢い電力利用を実現してくれます。例えば、休日は在宅率が高いご家庭などであれば、これをAIが学習します。そして、金曜日の段階で休日が雨予報だという天気予報をAIが取得した際には、

「明日は太陽光発電での発電があまり見込めない…」という判断や「家族が在宅している時間が長いため、通常よりもたくさんの電気を使うだろう」という判断を行います。

スマートスターLのAI機能は、上で判断のもと、安い深夜帯の電力を金曜日の夜のうちに蓄えておき、休日に家族が在宅している場合は、蓄電池に貯めた電気を優先的に利用して電気料金を削減するなどと言うことを自動で行うようになるのです。
つまり、家庭のライフスタイルをどんどん学習し、ご家庭ごとに最適と考えられる蓄電池活用の方法を自分で考えてくれ、大きな経済効果を享受することが出来るようになるのです。ただし注意が必要なのは、スマートスターLのAI機能を利用するには月間1,200円の利用料がかかります。

長い寿命と安心の10年保証

スマートスターLには、安心の10年保証がついています。

  • 蓄電システム及びエネルギーモニター10年保証
    取扱説明書等の記載された正しい使用のもとで、保証期間中に蓄電システム本体およびエネルギーモニターに故障が発生した場合、保証書の記載内容に伴い無償で修理・交換を行います。保証期間は、商品引渡し確認日から10年です。
  • 電池容量10年保証
    保証期間内に蓄電池の充電可能容量が60%を下回った場合、無償で修理を行うことができます。保証期間は、商品引渡し確認日から10年です。

スマートスターLの10年保証は、上のような内容になっています。さらに心強いのは、スマートスターLには自然災害補償10年補償もついている点です。風災や水災、落雷や雪災など、万一の自然災害によって蓄電池に損害が出た場合も補償してもらうことが可能です。
なお、スマートスターLの期待寿命は6,000サイクルとなっています。家庭用蓄電池の寿命は、サイクル数が基準となるのが一般的で、これは「1回の充電放電=1サイクル」と定義しています。大まかに1日1サイクルを繰り返す計算をすると、スマートスターLの期待耐用年数は16.4年となり、非常に長い間使える蓄電池と言えます。

『スマートスターL』の価格について

スマートスターLの仕様
定価(税抜き) 2,850,000円
蓄電容量 9.8kWh
想定寿命 6,000サイクル
寸法 幅×奥行×高さ/W762×D466×H1145
重量 195kg
設置場所 定置型・屋外
使用周囲湿度 -10℃~45℃
(湿度によっては、充放電電流の制限が発生します)

スマートスターLの定価は、上の表の通り「税別 2,850,000円(工事費用別)」となっています。ただし、この価格はメーカーが公表している定価ですので、実際に販売店などから購入して設置する際には、多くの場合定価よりもかなり安く導入することが可能です。
なおスマートスターLは、地方自治体などの補助金も利用できる場合がありますので、この蓄電池の導入に実際にかかる費用が知りたい場合はお気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、現在「蓄電池のトップセールスを躍進中!」とも言われている『スマートスターL』の特徴についてご紹介しました。この記事でご紹介したように、スマートスターLは、他の蓄電池にはない数多くのメリットを持っています。特に大容量・高出力という点や、万一の停電時でも普段と同じような電力利用を実現してくれる性能が、多くの消費者に認められているのだと思います。
特にオススメできるポイントとしては、自然災害補償10年間がついていますので、近年増加している豪雨災害や台風被害など、万一の水害に遭ってもメーカーが補償してくれるという点でしょう。スマートスターLには、他の家庭用蓄電池にはない特徴がたくさんありますので、現在蓄電池の導入をご検討中の方は、候補の一つにしても良いのではないでしょうか?

とくとくショップでは、お客様が蓄電池を導入する目的やご予算に合わせて、最適な機種選びからアドバイスさせていただいています。「格安・激安価格で蓄電池が導入したい」「多少高くても機能が高い蓄電池が欲しい」など、蓄電池探しに疑問がある場合にはお気軽に弊社スタッフにご相談ください。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド