家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

太陽光発電と蓄電池をセットにした悪徳販売が増加中!契約前におさえておきたいポイントとは?

カテゴリ:

近年では、自然災害時の停電対策としてや日々の光熱費削減を目的に家庭用蓄電池を導入する方が増加しています。家庭用蓄電池は、その名前からも分かるように「電気を蓄えておくことができる設備」で、太陽光発電システムと連携させれば、昼間に発電した電気を蓄電池に溜めておき、夜間は蓄電池に蓄えた電気で生活するというサイクルが作れるため、日々の電気代を極限まで削減することができるのです。もともとは、自然災害によって停電が発生したとしても、最低限の電力を確保できるという非常用電源的な目的で注目された設備ですが、最近では日々の電気代削減を実現できるという経済的メリットでその人気がさらに上がっているのです。

しかし、家庭用蓄電池の需要が右肩上がりに高くなっている一方で、悪質な訪問販売業者も増加していると言われています。特に、家庭用蓄電池は太陽光発電設備などの自家発電設備と連携させることによって非常に大きなメリットが得られるということもあり、『太陽光発電+家庭用蓄電池』といったセット販売の形を取り、不当に高額な見積金額で契約させるという手法が目立っています。家庭用蓄電池と太陽光発電設備は、どちらも住宅設備の中では高額な部類に入りますので、それをセットにされることで適正価格がわかりにくくなるのです。特にこれらの設備は導入後の経済的メリットが非常に高いと説明されるため、導入コストの不当な高さに注目せず契約に至ってしまう…というご家庭が多いのです。
そこで今回、家庭用蓄電池の導入をお考えの方のため、業者の営業を受ける時に注意しておきたいポイントをご紹介しておきます。

太陽光発電と蓄電池をセットにする理由は?

最近では、太陽光発電設備のないご家庭に、太陽光発電と家庭用蓄電池をセットにして提案するという訪問販売業者が増加していると言われています。この2つ設備に関しては、どちらも決して安い住宅設備ではありませんし、「セットにするよりも、それぞれ別々に提案したほうが、金額も安くて営業しやすいのでは?」と疑問に思う人も多いことでしょう。しかし、悪質な訪問販売を行う業者からすれば、これらをセットにすることで、以下のような営業時のメリットが存在するのです。

セット売りのメリット

  • 適正価格がわかりにくくなる
    まずは、提示した金額が適正価格かどうかの判断が難しくなるというメリットです。例えば、太陽光発電のみの提案の場合、総額をパネルのkW数で割り戻した「kW単価」で顧客側もある程度適正な価格かどうか判断も容易です。しかし、家庭用蓄電池もセットにしてしまった場合、両方の設備に共通する部材があったり、工事費もセットになってしまうため、それぞれの適正価格が判断しにくくなってしまうのです。したがって、営業マンの巧みなトークによって「妥当な値段だ!」と思わせることや、意味不明な割引きによるお得感で、割高な提案でも契約してしまう人がいるのです。
  • メリットを押しやすくなる
    セット売りの場合、営業がしやすくなるというメリットがあります。家庭用蓄電池と太陽光発電は、どちらも非常に大きなメリットが得られる設備に間違いないのですが、明確な弱点を持っています。蓄電池は、自分で発電することができない…、太陽光発電は日射が無いと発電できないので夜間は買電が必要…という弱点が有名です。しかし、2つの設備を連携させることで、これらの弱点をお互いが補うことができるので、日々の生活にかかる電気代を0円にすることも可能なのです。つまり、セットにして提案すれば、基本的にメリットの説明だけをすれば良くなりますので、非常に営業がしやすくなるのです。

悪質な訪問販売業者が、太陽光発電と家庭用蓄電池をセットにして提案する理由は、上のようなメリットがあるからです。もちろん、太陽光発電と家庭用蓄電池が、非常に相性の良い設備であることに間違いないのですが、「適正価格が分からない…」状態で契約するのはオススメできません。
したがって、『太陽光発電+蓄電池』のセットプランを提案されて導入を検討した時には、まず他の複数の業者の話も聞いてみて「適正価格はいくらなのか?」ということを調べてみることが重要だと覚えておきましょう。複数の業者の提案を比較してみると、不適切な提案かどうか容易に判断することができると思います。なお、「競合企業がいる」と分かった瞬間に大幅に提示金額を下げて来る業者も少なくないのですが、そのような業者は候補から外した方が良いと思います。

提案内容が適正か判断するには?

ここまでで、太陽光発電と家庭用蓄電池をセットにした悪質な営業手法もあるということがわかっていただけたと思います。こういった営業を受けた際には、提示された内容が本当に適切なのかを判断しなければいけません。上でご紹介したように、複数の業者の話も聞いてみるという手段が非常に有効は方法となるのですが、ご自身でも「自分に適切な提案内容なのか?」という判断をするためのポイントを押さえておく必要があるでしょう。
ここでは、太陽光発電と蓄電池をセットにして提案された場合、適切な提案か判断するためにおさえておきたい手順をご紹介しておきます。

ポイント① 太陽光の設置が適しているのか?

まず確認しておきたいのは、ご自宅が太陽光発電を設置すべき環境なのか?ということでしょう。家庭用蓄電池は、太陽光発電を設置していないご家庭でも、夜間電力が安くなる料金プランを活用することで、日々の光熱費削減を目指すことも可能です。しかし、太陽光発電とセット販売となっている場合で、太陽光発電の設置が難しい場合には見送った方が良いでしょう。

太陽光発電導入検討の際の注意点

  • 全面北向きの屋根は、太陽光発電の設置に向いていない
  • 周囲が大きな建築物に囲まれていて、日射量が少ない家は向いていない
  • 築年数が経過している家で、屋根の劣化が激しい場合は、葺き替え工事を先にした方が良い
  • 特殊・複雑な屋根構造の場合、施工業者に設置可否の確認をしてからの契約の方が良い

住宅の環境によっては、太陽光発電の設置が向いていない場合もあるのです。悪質な販売業者であれば、そのような設置環境を無視して設置を進めてきますので、ご自身で住宅の状態を把握しておきましょう。

関連記事:太陽光発電を導入していない家でも家庭用蓄電池はメリットがあるの?

ポイント② 蓄電池の導入目的を考える

太陽光発電を導入したほうが良い環境だとしたら、次は「家庭用蓄電池をセットで導入したほうが良いのか?」という検討をしましょう。
上でも少し触れましたが、太陽光発電と家庭用蓄電池は、お互いの弱点を補いあうことができる非常に相性の良い設備であることは間違いありません。しかし、最近でこそ経済効果が注目されるようになってきた家庭用蓄電池ですが、本来は非常時でも最低限の電力を確保するための『保険商品』に近い立場の設備です。太陽光発電は、売電など経済効果を目的とした投資商品として注目されているものですので、何の目的で家庭用蓄電池まで導入したいと思っているのかをよく考えておかなければいけません。例えば、オール電化住宅などであれば、夜間の電気を蓄電池から供給することで経済効果も高くなるのですが、光熱費の中でガスの割合が高いご家庭では、蓄電池による経済効果はそこまで期待できないかもしれません。もちろん、近年増えている「長期的な停電に備えるため!」という目的であれば、家庭用蓄電池をセットにすることが必要不可欠です。
このように、何のために蓄電池を導入するのか?という『導入目的』を明確にして、それに見合ったシミュレーションが必要と考えておきましょう。

ポイント③ その他の細かな確認事項について

①と②を検討した結果、太陽光発電と家庭用蓄電池をセットで導入すると決めた場合、業者の提案内容の細部を確認しましょう。基本的に以下のような点に注意しておきましょう。

  • メーカー選定は最適なのか?
    太陽光発電はメーカーによって性能や価格が大幅に変わります。また、太陽光発電と蓄電池のメーカーが異なると保証を受けられなくなる…など問題がありますので、その辺りはきちんと確認しておきましょう。
  • 太陽光発電の設置内容は最適か?
    太陽光発電は、原則的に容量が大きいほど割安に設置ができるためお得になります。しかし、パワコンの台数など設置条件によっては設置容量、設置面を減らした方がお得になる場合があるので、その辺りを確認しましょう。
  • 適正価格の判断
    インターネットなどで情報を収集し、提示された価格が適正なのか確認しましょう。セットにされているため適正価格がわかりにくいですので、太陽光だけを設置した場合など、単体での導入価格も提示してもらうとわかりやすくなるでしょう。ただし、この部分は複数の業者から相見積もりを貰うのが最もわかりやすいです。
  • 業者のシミュレーションを確認
    こういった設備の提案の場合、発電シミュレーションや経済シミュレーションを提示されると思います。しかし、業者の中には過剰なデータでシミュレーションを作って「導入コストをすぐに取り戻せる」と思わせるような手法を使う場合がありますので、適切なシミュレーションになっているのか細部まで確認しましょう。

まとめ

今回は、近年増加していると言われる悪質な業者による太陽光発電と家庭用蓄電池のセット販売の注意点をご紹介してきました。この記事でご紹介したように、この2つの住宅設備は、非常に相性の良い設備となるため、セットで提案するというのは理にかなっていることは間違いありません。しかし、どちらも高額な設備であることから、セットにした場合の導入コストは高額になるということは忘れてはいけません。特に、セット販売にされることで、提示された金額が本当に適切な価格なのか判断することが一般の方では非常に難しくなってしまいます。

現在、太陽光発電や家庭用蓄電池の提案を受けて、「このまま導入しても良いのか…?」迷っている方がいれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。とくとくショップでは、さまざまなメーカーの製品を取り扱っていますので、お客様の目的や予算に合わせた最適なご提案を実現しています。

コラム一覧



ミラブルプラス

こちらのお問い合わせフォームからご連絡いただき、蓄電池をご契約された方先着10名様にミラブルPlusプレゼント!

必須お名前
任意電話番号
必須メールアドレス

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド