家庭用・事業用(産業用)の蓄電池の専門店

蓄電池専門店とくとくショップ

0120-054-405

蓄電池コラム

太陽光発電で「得をする人」と「損をする人」、その決定的な違いとは?

カテゴリ:

今回は、太陽光発電システムの導入を迷っている方に向けて、「ここはおさえておいた方が良い!」というポイントについて解説していきます。近年、一般住宅でも太陽光発電システムの導入が進んでおり、ここ数年ではさらに家庭用蓄電池と連携させることで、「家庭内で消費する電力を自給自足することも期待でき、大幅な光熱費削減効果が見込まれる!」などと言った話を耳にする人も多いのではないでしょうか。

太陽光発電や家庭用蓄電池の導入は、一般住宅の効率的なエネルギー運用を実現するため、さまざまな地球環境問題が叫ばれる現在では、日本政府も積極的に普及推進しています。しかし、実際に太陽光発電の導入を検討し、ネットなどでいろいろ調べてみると、「設置して後悔している…」「安易に導入するのはやめた方が良い…」などといった意見を目にすることもあるでしょう。これは、徐々に売電価格が下がってきた…などという懸念からの意見なのでしょうが、実のところ太陽光発電は今から設置しても十分購入する価値のある設備だと言えます。それでは、大きなメリットがあるはずなのに「やめておいた方が良い」という意見が出るのはなぜなのでしょうか?

この記事では、太陽光発電などに対し、否定的な意見が出る理由や、本当にお得に利用するための活用術について考えてみたいと思います。

太陽光発電が否定される理由って何?

それでは、太陽光発電システムについて、「導入はやめた方が良い…」という意見が出る理由から考えていきましょう。太陽光発電は、屋根などに設置するだけで生活に必要な電力を発電してくれ、大幅な電気料金削減効果や、売電による収入が得られるということが大きなメリットと言われています。
これだけを見ると、太陽光発電システムが否定される理由などありません。しかし、「太陽光発電はやめた方が良い…」という意見も根強くあるのです。

理由その1 売電価格が下がってしまい元が取れない…

太陽光発電が否定される最も大きな理由は、FIT制度による売電価格の低下です。

住宅用太陽光発電は、制度開始直後の2012年では「42円/kWh」という非常に高い売電価格だったため、すぐに元が取れると言われていました。しかし、2019年現在は、「24円/kWh」まで売電価格が低下しているため、この部分だけを見て「売電による利益が見込めない…」と考えてしまう人が多いのです。
確かに、売電価格だけを見れば「ここまで下がっているのか…」と不安になってしまうものですが、そもそもこの売電価格は設置費用を回収できる範囲で毎年見直されるものなのです。つまり、売電価格が低下しているということは、それに比例して設置費用も下がっているということを意味しているのです。一例をあげてみると、「容量5kwの太陽光発電を導入する」場合、2012年では約230万円であった導入費用が、2018年には約140万円にまで低下しているのです。
さらに、設備的な面に関しても、年々技術が進歩していますので、太陽光パネルの性能がかなり向上しており、一昔前と比べてみても、収益性は向上しているのです。つまり、この理由に関しては、「心配する必要はない」ということで、問題なく元が取れる仕組みになっています。

理由その2 太陽光発電の設置が原因で雨漏りした…

次の理由は、太陽光発電の設置が原因で住宅の雨漏りを引き起こしてしまった…というパターンです。つまり、依頼する業者選びを失敗してしまったのが原因です。

一般的に、住宅用太陽光発電は、屋根の上に太陽光パネルを設置します。どうやって設置するかというと、屋根材に釘やビスで固定するという方法を取るのです。つまり、住宅の屋根に穴をあけるわけです。もちろん、施工後には釘穴から水が侵入しないように、コーキングなどで穴埋めするなど雨仕舞を行い、雨漏りしないような対策は取られます。しかし、『激安』『格安』などを全面に押し出して太陽光発電の営業を行っている業者の中には、未熟な職人が施行するという場合も少なくないのです。この場合、仕事が雑な業者もいますし、屋根に関する知識が全くなく、屋根材を割ってしまう、雨仕舞を行わない…などと言った施工になり、雨漏りしてしまうわけです。

したがって、太陽光発電の導入は、導入費用などの価格だけに注目するのではなく、その会社の実績や口コミなど調べて、信頼できる業者を選ばなければいけないのです。太陽光発電の設置は、設備に対する知識だけでなく、屋根に関する知識なども必要になるため、経験豊富な職人さんがいる業者に依頼するのがオススメです。逆に、こういった職人がいる業者であれば、設置後に雨漏りして困る…なんてトラブルを抱えるようなことはほぼありません。

理由その3 メンテナンス費用を考えていなかった…

最後は、「太陽光発電は設置したら終わり」と考えて、定期的なメンテナンスのことなど何も考えていなかった…というパターンです。

太陽光発電システムは、設置してから10年以上も使用する設備となります。したがって、一度設置すれば終わり…という訳ではなく、発電効率を維持し、事故を防ぐためにも定期的なメンテナンスが必要不可欠となるのです。後からこの部分に気付いた人であれば、「メンテナンス費用で売電した利益が無くなる…」などと損してしまうと感じる人もいるのです。

太陽光発電システムの販売業者の中には、きちんと契約時にアフターフォローのことまで説明してくれる良心的な業者も多いです。こういった業者であれば、設置費用の見積りの中に定期点検の費用が含まれていたり、簡易的なメンテナンスは無料で行ってくれる会社もあります。したがって、導入時の安さだけを見るのではなく、導入後も長く付き合っていくという視点を大事にして、良心的な業者を探すのが最もコストパフォーマンスが良くなると思います。

太陽光発電で得するためにはどうすればよい?

太陽光発電システムは、「導入してよかった!」と考える人がいる一方で「導入するんじゃなかった…」という人がいるのも事実です。それでは、同じシステムを入れているはずなのに、両極端な感想を持つ人が出るのはなぜなのでしょうか?
ここでは、太陽光発電を導入して『得』するためにはどうすれば良いのか?という視点で解説していきます。

太陽光発電についてきちんと調べておく

まずは、実際に導入する前に「太陽光発電について学んでおく」ということです。太陽光発電システムは、その人気の高さから、メーカーや機種も非常に豊富な種類があります。したがって、何も考えず業者の言いなりになって導入したのでは、導入後に後悔してしまう…という結果になりかねないのです。
太陽光発電の導入を検討したときには、自分のライフスタイルや導入目的をきちんと明確にし、それに最適なメーカー・製品はどれなのかをきちんと選ばなければいけません。こういった知識を事前に調べておけば、業者との打ち合わせ時に何か疑問があった場合でも的確な質問ができます。また、業者からしても明確な目的を聞くことができますので、最適な提案が可能となり「こんなはずじゃなかった…」となることを防ぐことができるのです。

複数の業者を比較検討する

メーカーや製品の種類同様に、太陽光発電の販売会社もたくさんあります。業者の中には、本当にお客様のことを考えて提案する良心的な業者もありますが、中には「売れればいい!」と考えている業者がいることも事実なのです。
したがって、太陽光発電のような高額な設備を導入する場合には、複数の業者の話を聞き、比較検討するという手法がオススメです。1社の話を聞いて決めてしまうと、提案された機種が適切なのか、提示された金額が妥当なのかも分かりません。太陽光発電で得するためには、良心的な業者に出会うことが非常に重要ですので、必ず複数の業者の話を聞きましょう。

太陽光発電は『売電』が全てではない

太陽光発電を導入する大きな理由のひとつに「余剰電力を売電して利益を出す」ということです。しかし、上でもご紹介したように、近年では売電価格がかなり低下しているため、思っていたような売電収入が得られない…と考える人も少なくありません。さらに、売電価格が下がる一方で、電気代は値上がりを続けていますし、「太陽光発電=売電収入」という神話が崩れ始めているのです。そう考えると、どんな人でも太陽光発電は『損』になるのでは?と考えてしまう人もいでしょう。しかしそうではないのです。
最近では、太陽光発電で作った電気を自家消費し、電気代を大幅に削減できるという点が太陽光発電の大きなメリットととらえられるようになっています。例えば、現在電力会社の多くが提供している「夜間電力が安くなるプラン」を考えてみてください。こういた契約プランに加入すれば、太陽光発電で電気を作れない夜間は安い価格で電気を買うことができます。そして、昼間は太陽光発電の電気を利用すれば、高額な電気を一切購入する必要がなくなるのです。つまり、今まで昼間にかかっていた電気代をマルっと節約することができるため、大幅な光熱費削減ができるということになります。これも立派な利益と言えるのではないでしょうか。

こういった太陽光発電による利益サイクルをさらに進化させるのが『家庭用蓄電池』です。家庭用蓄電池を導入すれば、昼間は太陽光発電で作った電気を使いながら充電し、夜間は蓄電池に貯めた電気で生活を行うということができるようになります。つまり、『太陽光発電+蓄電池』というスタイルを作れば、電力会社から一切電気を買うこともなく、生活にかかる電気代を0円にすることも可能となるのです。こう考えると、太陽光発電を導入する意味は「売電収入だけ」ではなく、大きな光熱費削減効果が家庭の利益になるということがわかっていただけると思います。

まとめ

今回は、太陽光発電システムに関する勘違いについてご紹介しました。太陽光発電システムが普及し始めてかなりの時間が経過しています。この記事を見ていただいた人の中には、実際に太陽光発電システムを導入しているという人も多いのではないでしょうか。この記事でご紹介したように、太陽光発電を導入した人の中には、「導入するんじゃなかった…」「思うような売電収入が得られない…」と、後悔してしまう人がいるのも事実です。しかし、「売電価格が下がったから太陽光発電は意味がない…」と考えるのは大きな間違いだと思います。
売電価格の低下は、導入費用の低下に比例しているものですから、普通に利用していれば「損しかしない…」なんてことはあまり考えられない事なのです。さらに、太陽光発電システムを導入しているのであれば、家庭用蓄電池に連携させるだけで、生活にかかる電気を自給自足で賄うこともできるのです。今まで「売電収入が得られる!」という営業手法が主流だったため、本当に上手な活用方法を知らない人は少なくありません。こういった設備は、単に導入するだけでも利益を実感することができる場合もありますが、他の設備と組み合わせるなど、上手に活用すれば本当に大きな利益を生み出してくれるものなのです。

現在、太陽光発電だけは導入している人で「蓄電池を連携させるのが良いと聞くけど、本当はどうなのだろう?」と疑問に思っている人がいれば、お気軽に弊社までお問い合わせください。とくとくショップでは、経験豊富なスタッフがお客様のライフスタイルや、現在導入している太陽光発電設備に併せて、最適な蓄電池の選定や活用方法をご提案しています。家庭用蓄電池は「太陽光発電システムをより高い次元に進化させる!」と言われる設備ですので、どういったことができるのかを知っておくだけでも有益です。

コラム一覧

  • 月別アーカイブ

  • カテゴリー

  • タグクラウド